- 国内最大の総合テニス専門サイト - テニスショップ-テニスラケット、テニスウエア、テニスシューズ、adidas、NIKE、Wilson

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOME → イエローページTOP → テニス365 イベント情報

第31回 2時間 ストロークの中で浮かない低弾道スライス&ラリーで実践利用

活動内容
日程 2022-12-10
場所 上用賀テニスクラブ
内容 スライスを上手く使うことができれば、ディフェンスだけでなくオフェンスの起点になったり、スライスでポイントを取ることができます。

スライスを打つときにボールを切り過ぎてしまい、回転はかかっているけれど浮いて浅くなってしまう方が多く、スライスを打つ時でも厚い当たりを出すことを練習していきました。
厚く当たって滑るスライスを打つために、テイクバックの形や場所を注意しながら打ちます。
テイクバックの位置が間違っているとボールに対して手首をこねてラケットが動いてしまうので、正しい位置にセットすることが大切です。

初めは薄い当たりでボールが浮いてしまっていた方たちも、次第にボールを抑えて低い弾道で打てるようになっていきました。

スライスで悩んでいる方、しかっりと正しい動きの練習をするためにもぜひ一度ご参加ください。
前のページに戻る